イノシシ対策特集~防護柵

イノシシ対策特集~防護柵

防護柵は、イノシシによる被害を水際で食い止める最終防衛ラインです。防護柵の設置には、種類の選択や設置位置のほか、様々なコツがあります。間違った方法で設置すると、効果が半減してしまい、せっかくの投資が無駄になってしまいます。効果の高い柵を選択し、効果の高い立て方で農地を守りましょう。

防護柵の種類

有刺鉄線

ご存じ、いくつものとげ(針)のついた鉄線を張り巡らす方法ですが、イノシシに対する進入防止効果は低いといえます。毛皮の厚いイノシシは、有刺鉄線のとげが当たってもそれほどの痛みを感じないようです。また有刺鉄線のように柔軟性がある柵の場合、20cm程度のすき間があれば成獣のイノシシでもくぐり抜けられます。

ワイヤーメッシュ

強度があり、効果も認められるため、広く用いられています。短所としては、以下が挙げられますので、高さを1.2m以上の柵にする等、工夫が必要です。

  • 視覚的に警戒させにくいため繰り返し進入を試みられる
  • 高さが低いと、害獣に飛び越えられる ※イノシシは1m程度の高さの障害物であれば助走なしで飛び越えられます。
  • 編み目が大きすぎると幼獣が通り抜ける

  • 防獣ネット・魚網

    柔軟性があり、構造が不安定なため侵入防止効果は高いといえます。起伏の多い場所でも設置がしやすいというメリットも。目の細かいものにすれば目隠し効果も期待できます。短所は、ワイヤーメッシュと同様、視覚的遮断効果がないことや、網の編目を押し広げられたり、食い破られる場合があることです。

    トタン板

    最も広く利用されています。視覚的遮断効果があること、材料費が安くて済むことが大きな強みですが、飛び越える、押し倒す、持ち上げるなどして侵入される事例が多くあります。高さが不十分なため、飛び越される危険もあります。

    金網・フェンス

    強度が高く、侵入防止効果は高いこと、耐用年数が長いことがメリットです。めっき加工が十分に施された金網柵は耐久性が最も高いといえます。さらに「しのび返し」加工することで、飛び越し防止の効果が期待できます。しのび返しとは金網の上部を20~30度折り返すことで、イノシシが見上げると折り返さない柵より20cm高く見えるため、飛び越すことをあきらめるという仕組みです。


    短所は、ワイヤーメッシュと同様、視覚的遮断効果がないことや、接地面の補強がしっかりしていないと、下から侵入される恐れがあること、編目が大きいと幼獣が通り抜ける恐れがあることです。

    電気柵

    防護柵に通電することで、侵入しようとするイノシシに電気ショックを与えるものです。適正に設置・管理できれば、高い効果が期待できます。反面、漏電防止などのメンテナンスに労力がかかること、費用が割高であることがデメリットです。

    強度は高くないので、電気ショックを受けたイノシシが驚いて柵に向かって走り出してしまい、結果として侵入を許すだけでなく電気柵も壊されてしまったという事例もあります。

    防護柵の効果を上げるには

    異なる柵を組み合わせて防護する

    イノシシに対する防護柵を設置する際は、それぞれの防護柵の弱点を理解したうえで、弱点を補い合えるように組み合わせで設置すると効果的です。

    以下に例を紹介しますので、参考にしてみてください。

    「トタン板」+「電気柵」
    ・・・トタン板で防護したい場所の周囲を囲い、その外側に電気柵を設置する等です。視覚的遮断効果がない柵において、トタン板を組み合わせることは非常に有効です。トタンで囲うことで視覚的に遮断でき、作物などを見えにくくするからです。

    「ワイヤーネット」+「網」・・・金網の外側で、イノシシの足場になりそうな箇所にネットを配置することで、足場を不安定にでき、飛び越え防止効果を期待することができます。イノシシは網を執拗に引っ張る行動をする場合もありますので、それに耐えられるような固定をしておく必要があります。

    「柵の外側にワイヤーメッシュやトタン」・・・イノシシは鼻を使って穴を掘るのが非常に得意です。柵の接地部分の隙間を探して、そこを掘り起こして内部に入ろうとします。そのため、柵の外側にワイヤーメッシュやトタン板を敷いておくと、掘り起こし防止効果が期待できます。

    定期的に点検・補修・改善を行う

    柵を設置した後も、柵の状態に注意を払っておきましょう。破損、ずれやゆがみ、柵の地際の掘り返しなど、定期的にチェックすることが必要です。

    トタンやネット、金網等を使用する場合は、地面との接地部分を補強し、隙間を作らないようにします。下をくぐられないように、接地面は補強しておきましょう。アンカーピンで地面と金網を固定するのは最低限必要な対策です。

    ※石を重しにしてネットを固定することは避けてください。イノシシは鼻の力で70kgの石でも持ち上げることができます。また石に興味をもってひっくり返す場合もあります。

    周囲をすき間なく囲い、藪があれば刈る

    猪は隙間を探し侵入しようとします。防護する場所の周囲は完全に囲うように柵を設置しましょう。

    また、イノシシの体高は60~80cmで、藪(やぶ)や茂みに隠れながら田畑等に侵入します。柵の周辺の藪を刈り払うことにより、イノシシが柵に近づきにくい環境ができます。特に、竹藪は好物のタケノコがあり、イノシシを引き寄せますので、思い切って伐採してしまったほうが良いです。

    まとめ

    イノシシは賢く、身体能力も高いです。賢さを逆手にとった心理的な防護(柵に近づきたくないような心理にさせる)と、身体能力に耐えうる物理的な防護(あらゆる行動を想定した補強)の両方を意識して、柵の設置・補修・改善を行いましょう。