Inohoi編集部

1/8ページ

アライグマの生態・対策・駆除について

  • 2019.08.16

アライグマは本来日本には生息しない外来種です。こどものアライグマは非常に愛くるしく、テレビアニメの影響もあり非常に人気があります。しかしながら、見た目とは異なり気性は荒く、人に危害を加える恐れもあり、感染症をもたらす可能性もあります。日本の在来種を補食するため在来生物の生存を脅かす危険性もあり、さら […]

箱罠の仕掛けテクニック

  • 2019.08.04

獲物が罠に対してスレていない(学習していない)場合は、罠を使って多く捕獲できるチャンスです。しかしイノシシは他の動物に比べて警戒心が強く、神経質。そして学習能力も高いため、明らかに自然のものではない箱罠を使用する場合にかかりやすいのは、スレていない子イノシシが中心となります。 特に、スレたイノシシが […]

年間300頭の捕獲事例も!ファーレ旭式くくり罠の紹介

  • 2019.07.01

くくり罠は、獲物が通りそうな獣道に仕掛け、獲物が足で罠を踏み込んだ際に仕掛けが作動し、文字通り足を「くくる」ことによって捕獲する罠です。利点としては、箱罠などに比べて、小型・軽量のため設置と撤去が簡単で安価であることが挙げられます。 宮崎県にイノシシ・シカ合わせて年間300頭をくくり罠で捕えたことが […]

コスパ抜群の箱罠!!ファーレ旭式箱罠

  • 2019.07.01

箱罠とは、野生動物を捕獲する場合に用いられる箱状の罠のことです。餌を使って箱の中に獲物を引き寄せて、獲物が中に入ると扉が落ちて捕獲完了!という仕組みです。 商品も色々なものがありますが、いくつかの猟友会や自治体から「安くて良く獲れる箱罠がある」と評判の箱罠があります。その名は「ファーレ旭式 箱罠」。 […]

野生動物との共存を目指す鳥獣害対策のプロ集団|株式会社うぃるこ/山本麻希さん

  • 2019.05.13

新潟県のほぼ中心部に位置する長岡市に2018年5月、長岡技術科学大学発のソーシャルベンチャー企業として、鳥獣獣害対策専門のコンサルティングを行う「株式会社うぃるこ」が設立されました。 今回は、その代表を務める山本麻希さんにお話を伺いました。 株式会社うぃるこ 代表取締役 山本麻希さん 長岡技術科学大 […]

くくり罠の構成部品・パーツについて

  • 2019.05.06

くくり罠とは、獲物の体を括る(くくる)ことによって捕獲する罠のことです。括る部位によって、「胴くくり(胴ではなく首をくくる場合もあります)」と「足くくり」に分かれます。このうち、多くの人が使っているのが「足くくり」です。 足くくり罠は、仕掛けておいた罠が作動した瞬間にワイヤーが締まり、足首を拘束する […]

「ジビエ肉をもっと日常に」~若草hutte&co-ba miyazaki 店長・山師 今西 正さん(宮崎県)

  • 2019.03.08

宮崎県宮崎市の中心部にある若草通商店街は、アパレルショップやレストラン、雑貨屋など、それぞれ独自の魅力が光る個店が立ち並ぶ場所である。そのメインストリートから北側の脇道に入って少し行くと、どことなく「山」の雰囲気を感じるカフェが見つかる。そのカフェの名前は「若草hutte(ヒュッテ) & […]

イノシシ・シカ・アライグマ・ハクビシン対策!特許取得済み・忌避シートのご紹介

  • 2019.02.24

近年の鳥獣被害は非常に多岐にわたり、深刻なケースも多く見られます。時間をかけて丹精こめて作った作物が、獣に荒らされ食べられてしまう・・・。また、ゴルフ場の芝を掘られたり、中には高速道路での獣との接触事故など人命にかかわるケースもあります。その被害を食い止めるために、大変な苦労をされている方も多くいら […]

抜群のコスパと捕獲効率!!ファーレ旭式 囲い罠

  • 2019.02.21

囲い罠は、囲い状の構造物の中に入った野生動物を閉じ込めて捕獲する罠のことを指します。そのタイプは、以下の2つがあります。 A・・・常設を前提とした大がかりなタイプ。大掛かりなものも多く、総周囲長が300mを超える場合も。 B・・・一見箱罠ですが、天面が半分以上開放されている移動可のタイプ。 ファーレ […]

イノシシ捕獲~箱罠の設置・見回りをしよう

  • 2018.11.15

檻でできた箱の中に、餌を使ってイノシシを誘因し、獲物が箱の内部に入ると扉が「ガシャン!」と閉まる。箱罠は、イノシシ捕獲方法として王道です。この記事では、箱罠の設置や見回りについて説明します。箱罠を用意したはよいが、その後どうしたらよいか分からない場合や、いまいち獲れない場合の参考としていただけますと […]

1 8