鳥獣被害

3/3ページ

イノシシの生態・行動を詳しく解説

  • 2017.10.15

日本人とイノシシの関係は、稲作よりも古いものであり、農耕が広がるにつれてイノシシ被害も増えていきました。猪垣などにもみられるように、日本人は古くからイノシシ被害に悩まされてきましたが、近年では農業が継続できない程深刻な事態に至るケースも見受けられます。特に、山間地・山麓地ではイノシシによる農作物被害 […]

イノシシ対策特集~防護柵

  • 2017.10.13

防護柵は、イノシシによる被害を水際で食い止める最終防衛ラインです。防護柵の設置には、種類の選択や設置位置のほか、様々なコツがあります。間違った方法で設置すると、効果が半減してしまい、せっかくの投資が無駄になってしまいます。効果の高い柵を選択し、効果の高い立て方で農地を守りましょう。 防護柵の種類 有 […]

イノシシ対策~罠の種類

  • 2017.10.12

イノシシをターゲットとした罠の種類は、主に「箱罠」「くくり罠」「囲い罠」の3種類に区分されます。これらの罠の長所・短所、捕獲のための手順について解説します。 罠の特徴を踏まえたうえで、設置場所の環境や予算、かけられる労力などを考え、状況に応じた適切な罠を選択しましょう。なお、罠には制限事項があります […]

イノシシの解体・捌き方【※閲覧注意】

  • 2017.10.09

※注意:この記事は、狩猟や鳥獣被害に理解のある方のみ閲覧ください。いわゆる動物愛護観点からのコメントには応じかねます。 捕殺後のイノシシは、以下のいずれかの方法で処分します。 捕獲者個人による自家消費 食肉販売用として有効活用処分 埋却処分 処理施設で焼却処分 このうち、食べられると判断し、1や2を […]

イノシシ対策~何をすればよいのか?【市街地編】

  • 2017.10.04

猪(イノシシ)は数を減らしていると思っている人も多いですが、そうではありません。 2013年度末のデータでは、イノシシはおよそ98万頭いると推定され、平成元年の個体数の3倍以上となっています。その被害は深刻化・広域化しており、市街地でも「庭を荒らす」「生ゴミをあさる」「イノシシに買い物袋を奪われる」 […]

1 3