ニュース

1/2ページ

【イベント紹介:岐阜】平成30年度 生物多様性に配慮した地域づくりシンポジウム

  • 2018.07.10

日時  平成30年7月29日(日) 13:00 ~ 16:30  場所  岐阜県立図書館 多目的ホール        (岐阜県岐阜市宇佐4-2-1) 定員 300名  (参加費無料) 申込方法  氏名・所属及び連絡先を下記へお知らせください。   岐阜県 環境企画課   FAX:058-278-26 […]

【イベント紹介:北海道】平成30年度 森と人を育てるコンクールの実施

  • 2018.07.05

趣旨 全道の各地域において適切な森林整備を実践し模範となる優良林分を育てている森林所有者及び木育の実施団体等を評価、表彰し、林業技術の向上や森林づくりに対する道民の意識高揚と参加促進を図る。 主催 森と人を育てる実行委員会 (公益社団法人北海道森と緑の会、一般財団法人北海道造林協会、北海道森林組合連 […]

2017年の鳥獣被害関連ニュース

  • 2017.12.27

2017年も残すところあと僅かとなってきましたが、今年も全国で様々な鳥獣被害関連のニュースがありました。その中でも特に目立ったニュースをダイジェストで紹介させていただきます。 市街地でのイノシシ出没が頻発 今年は市街地でのイノシシ出没が相次ぎました。 例えば、京都市の市街地では今年10頭のイノシシが […]

名所における鳥獣被害の現状

  • 2017.12.17

近年、野生鳥獣が人間の生活エリアに侵入することが多くなり、名所においても鳥獣被害が頻発するようになりました。通行人との接触が起きたり、予定していたイベントが中止されたり、食害によって景観が損なわれてしまう事例が発生しています。また、特定外来生物も生息域を広げており、人間が入り込まないようなエリアにお […]

イノシシ捕獲数証明で尻尾の提出義務付けへ

  • 2017.11.06

農林業に害を及ぼす鳥獣を駆除した猟師が、自治体から報酬を不正に受け取るケースが相次いでいることを受け、農林水産省は来年4月から運用を厳しくする。これまでは支給の窓口となる自治体において、尻尾や耳、牙など獲物の証明方法はばらつきがあったが、来年4月以降は証明方法を統一し、書類申請の場合には尻尾の提出を […]

クマに襲われ84歳男性大けが。秋田のりんご畑

  • 2017.10.28

10月26日の早朝、秋田県北秋田市阿仁伏影の山あいの集落で、84歳の男性が自宅裏のりんご畑でクマに襲われ、あごの骨を折るなどの大けがを負った。 北秋田署によると、男性の自宅裏のリンゴ畑でクマによる食害が多発していたため、仕掛けていたわなの様子を見に行ったところ、体長約80センチの子グマが掛かっている […]

高松市のショッピングモールにイノシシが侵入 5人けが

  • 2017.10.24

10月23日午後6時50分ごろ、香川県高松市香西本町の「イオンモール高松」に体長1.1mのメスのイノシシが出没。出入口から一階のアウトドア用品店に入っていき、その後来店していた客や従業員の足に噛みつくなどしたという。 「イノシシ1頭が店内1階を徘徊している」と客から110番通報を受け、駆け付けた警察 […]

補助金を使った鳥獣被害対策の電気柵、全国200か所以上で機能せず

  • 2017.10.23

イノシシやシカなど野生動物に田畑を荒らされることによる農作物の被害額は、全国で年間およそ200億円に上っている。そのため、農林水産省は山間部に近い自治体などに交付金を出し、動物が田畑に侵入するのを防ぐ「電気柵」等の柵を設置する補助事業を実施している。 この事業は、電気柵やワイヤを張った柵を田畑に設置 […]

JR青梅線、シカと衝突で遅延

  • 2017.10.20

10月19日午前6時43分ごろ、列車が「シカ」と衝突し、その影響で遅延が生じた。遅延したのはJR青梅線で、青梅~立川の上り線の一部列車に最大10分程度の遅れが生じた。 シカやイノシシなどと列車との衝突事故は、山間部を中心に年々増加してきており、鉄道会社の悩みの種となっている。このうち、電車とシカの衝 […]

農林水産省 平成29(2017)年度 鳥獣被害対策優良活動表彰の候補を募集

  • 2017.10.18

野生鳥獣による農林水産業被害が全国的に深刻化しているのをうけ、農林水産省は野生鳥獣被害の対策に取り組む個人や団体を表彰している。今年(平成29(2017)年度)も表彰候補の募集が開示されたので、鳥獣被害対策に取り組む個人や団体は参考にしていただきたい。 応募方法と期限 応募方法は以下の2通りで、それ […]