イノシシが佐世保市内の住宅地に現れ、住民を襲う

イノシシが佐世保市内の住宅地に現れ、住民を襲う

10月1日、午前7時55分ごろ、長崎県佐世保市の住宅地にイノシシが現れ、2人が手などをかまれた。被害を受けたのは、車いすに乗っていた59歳の男性と、89歳の女性で、指の骨を折る大けがであった。

他にも、原付バイクや車に衝突し、警察や猟友会が警戒していたところ、午後になって2人を襲ったと見られるイノシシが市内で発見され、駆除された。体長約1.2メートル、推定体重70~79kgのメスのイノシシであった。

上記被害発生後、目撃者から通報を受けた警察と消防は、佐世保市に速やかに情報提供し、市が捕獲のため猟友会に連絡。現場付近では防災行政無線やチラシで住民に注意を呼び掛けていたという。

長崎県内でイノシシによる人身被害の報告は本年度初めてであったが、2015年度と16年度の被害報告はともに2件だった。

長崎県はこれを受け、10月5日、関係部署の連絡会議を開き、今後イノシシなど野生動物の出現に備え、関係機関の連絡体制や役割を定めたマニュアルを作成する方針を確認した。会議には県警の担当部署も参加した。


★ PR:イノホイおすすめ商品


箱罠通販くくり罠通販