コスパ抜群の箱罠!!ファーレ旭式箱罠

コスパ抜群の箱罠!!ファーレ旭式箱罠

箱罠とは、野生動物を捕獲する場合に用いられる箱状の罠のことです。餌を使って箱の中に獲物を引き寄せて、獲物が中に入ると扉が落ちて捕獲完了!という仕組みです。

商品も色々なものがありますが、いくつかの猟友会や自治体から「安くて良く獲れる箱罠がある」という噂を聞きました。その名は「ファーレ旭」。そこで、宮崎県にある製造工場にお邪魔し、実物を見てきました。

まずは、ファーレ旭式箱罠のトリガーの発動シーンをご覧ください。※YOUTUBEの字幕設定を日本語にすれば、脚注がご覧いただけます。

仕様・値段

ウリボウから大型のイノシシ、シカにも対応します。

製造国:日本
寸法:幅1.0m×奥行2.0m×高さ1.0m
重量:扉15~35kg前後、総重量約120kg
値段:両扉タイプ¥56,000 片扉タイプ¥41,500(いずれも税込・送料込)
錆止め塗装一回塗り

※購入はオンラインショップからどうぞ。サル、キョン、アライグマ、アナグマ等、体の小さい獣に対応した箱罠も取り揃えています。

ファーレ旭式箱罠の特徴

まず、ファーレ旭式と他の箱罠との違いを説明します。

安全性・耐久性

最も特徴的なのは、異形鉄筋全溶接で強度が抜群という点です。この価格帯の箱罠は、強度の劣るワイヤーメッシュを使っていたり、金属の溶接が甘かったりするので、耐久性を考えるとあまりお勧めしないのですが、ファーレ旭式は違う。力の強い獲物が暴れても耐えられる異形鉄筋に、しっかりとした全溶接が施されています。

側壁の鉄筋が細いものや、溶接がしっかりしていない場合、耐用期間が短くなります。野生の獣の力は想像以上に強いです。安全性の観点からも、罠の耐久性は是非比較・チェックしていただきたいポイントです。非常に力の強いイノシシが何百回もぶつかることを想像してみてください。壊れかけのわなでの捕獲は、深刻な事故を引き起こす恐れがあり、非常に危険です。

※以下は参考動画。なおファーレ旭式ではありません▼

計算され尽くした構造

販売開始は約10年前、これまでのシリーズ累計販売台数7,000台以上です。100%宮崎県の自社工場で製造されています。

デビュー以降、日々改良・改善を加えていき、この構造に到達しました。経験に裏打ちされた絶妙な網目の設計や、害獣の特性を考慮した補強も加えられており、過酷な猟の環境に十分耐えうる仕様になっています。そして、10年たった今でも日々研究やユーザーからのフィードバックを得て改善を続けているとのこと。※そのため、細かい仕様が変わることもあるそうです。

上の写真は、落とし扉ストッパー(誤落下防止の安全装置)、下の写真は工場にある製造装置の一部。

市町村への納入実績を見せていただきました。九州から東北まで、多数の実績があります。驚くのは、「安くて良く獲れる箱罠」というほぼ口コミだけで、全国の役場に評判が広がっていることです。実績や経験が多くあるので、安心しておすすめできます。

驚きのコストパフォーマンス

箱罠を選ぶとき、コスト面でどうしてもジレンマが出てしまいます。既製品は製造元のノウハウがしっかり詰まっているので、捕獲効率も高いのですが、結構お値段がします。特に、鹿・イノシシ対策にも安心して使えるスペックとなると、既製品は10万円を超えてきます。

じゃあ、既製品は高いから自作で、という手もあるのですが、罠製作のノウハウや溶接技術がないと、結構ハードルは高い。材料費や消耗品、溶接機レンタルなどの費用もかかりますから。自作で獲れず、試行錯誤してたら、結局既製品買ったほうが早かった、なんて事も。

コストとスペックのバランスが取れた既製品があると良いのですが、お値段の割に「この素材・溶接で大丈夫?すぐ壊れちゃいそう。。。」という商品も多く、コスパの良い既製品はなかなか見つかりません。

一方、ファーレ旭式は製造工程の工夫により、驚きのコストパフォーマンスを実現しています。大きめの獣にも対応するビッグサイズで両扉¥56,000、片扉¥41,500(いずれも税込・送料込)です。

しかも、トリガーの構造が簡単なので、初心者にも扱いやすく故障がほとんどありません。トリガー構造は、箱罠を選ぶときの要チェックポイントで、トリガー構造が壊れやすい製品は絶対に避けたほうが良いです。

簡単組み立て

工具としては充電式トルクレンチがあると楽に組めます。一人でも組み立てられますが、複数人で組めば、より楽に早く組み立てられます。

充電式トルクレンチがなくても、14mmのメガネスパナまたはラチェットスパナ1丁で組立完了します。仕掛け・ストッパーも付いており、組み立ててすぐにご使用になれます(蹴り糸のみお客様にて準備が必要です)。合計6枚のパネルをメッキのワイヤークリップで止めて組み立てます。

両扉と片扉の違い

両扉タイプは、エサを真ん中に置いて誘因し、どちら側から入っても両扉が閉まる仕組みです。ご覧のように、両扉タイプの場合、奥が網で塞がれないため、獲物を誘因しやすい特徴があります。

一方、片扉タイプは、入口は片方のみのため、警戒心の強い個体は誘因されにくい場合があります。しかし、逃げ道が一つなので取り逃がしの確率は減ります。ターゲットがなかなか箱内に入らない場合は両扉、取り逃がしを極力防ぐなら片扉と使い分けると良いでしょう。

お客様の声

ファーレ旭式をお使いのお客様から得られた感想を一部紹介します。

” 無事到着しました。こちらミカン栽培をしておりますが近年の猪の激増に悩まされております。今回頂いた罠が反撃の助けになることを願っております。 ”

” ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。商品を早速組み立てましたが、とても頑丈なもので、熊でも大丈夫だと思います。 ”

” 分かりやすい説明書、大変有難うございました。使ってみたところ良い感触ですので、また注文するかもしれません。 ”

” 安くてよく獲れるので愛用しています。 ”

” 大変優れた品だと思いましたので、また買わせていただきました。取引も素早く、今週末に仕掛けることができます。これからもよろしくお願いします。 ”

” 罠の自作をしていますが届いた商品を見たところ、流石にプロ。素晴らしい出来栄えです。お安く有難うございました。”

” 大型の荷物でしたけど梱包も素晴らしくスムーズに引き取りできました。感謝致します。又の機会も宜しくお願い致します。 ”

” 購入した罠にイノシシが掛っていると連絡が入りました。しま模様も消えて、成獣扱いです。数頭獲れば元が取れます。 ”

” この商品がこの値段ならかなり良心的な商いをされてると思います。また機会があればお願いします。”

スペックまとめ

・分解組み立て式:各扉など個別に運んでしまえば、車の入りにくい場所などにも持ち込んで設置が可能です。

・格子網:3分筋(約9mm)を使用して格子網を全箇所溶接。

・扉(枠・レール部):鉄製アングル 40×40×t3

・扉(格子網):3分筋(約9mm)を使用して格子網を全箇所溶接。要所を4分(約12mm)鉄筋、5分(約15mm)鉄筋で補強。

・付属品:落とし扉ストッパー、仕掛け、扉つり上げ用ワイヤロープ、組み立て用ワイヤクリップ、組み立て要領・設置要領

※蹴り糸のみお客様にて準備いただきます。あとは届いた商品ですぐに仕掛けられます。

商品の購入について

購入はオンラインショップもしくは、以下の購入ボタンを押すとお申込みいただけます。オンラインショップには他のサイズの箱罠もあります。

ファーレ旭式 箱罠【両扉】
価格:¥56,000(税込・送料込)
在庫:あり(新品)
製造国:日本
寸法:1.0m×2.0m×1.0m
重量:扉15~35kg前後、総重量約120kg


ファーレ旭式 箱罠【片扉】
価格:¥41,500(税込・送料込)
在庫:あり(新品)
製造国:日本
寸法:1.0m×2.0m×1.0m
重量:扉15~35kg前後、総重量約120kg

商品のお問合せはこちらをクリック。

箱罠購入にあたって

箱罠の設置には狩猟免許や許可申請が必要です

箱罠の設置には、基本的に狩猟免許が必要です。また、野生動物を捕獲するためには、都道府県や市町村長の許可を得る必要があります(ただし、例外もあります)。

法律と地域のルールに従って、安全な捕獲を心がけましょう。

沖縄や離島は別途送料がかかります

該当するお客様は、オンラインショップでの注文の際、離島配送オプションを選択してください。

個人宅への送付はできません

箱罠は重量物のため、個人宅へ直接のお届けはできません。事業所や農園、商店、公民館、牧場、施設、工場などには直接お届けできます。

購入画面の記入欄に、以下のいずれかをご記載ください。

1. 福山通運営業所止め(営業所名を記載ください)
2. 西濃運輸営業所止め(営業所名を記載ください)
3. 直接お届け ※住所と場所の名前(例:株式会社○○、有限会社○○、○○農園、○○商店、○○公民館など)をご指定ください。

ご不明な点は、電話やメール、お問合せフォームからどうぞ:お問合せはこちらから>>。

イノホイのご紹介

イノホイについての紹介動画を作成いたしました。よろしければ以下ご覧ください(音声あり)。