商品情報にスキップ
1 5

アポロ 電気柵 HP-10K(本体のみ)

アポロ 電気柵 HP-10K(本体のみ)

選択してください

通常価格 ¥49,799(税込)
通常価格 (税込) セール価格 ¥49,799(税込)
セール 売り切れ
税込み。 配送料は購入手続き時に計算されます。
詳細を表示する

商品説明

注文の前にご確認ください

設置方法

○本体単体での販売です。支柱や電線をお買い求めの場合は、電気柵設置に必要な部材が揃ったこちらのページをご覧ください。

○本体1台あたりの最大電線長は10,000mです。※設置条件により異なります。

○付属のコードを使用し外部電源で稼働します。ソーラーパネルは付属しません(後付け可)。

○本体は地面につかないように設置する必要があります。設置する場所の地面にあわせて、木杭などを別途ご用意ください。※木杭などに固定するための取付金具は、本品に付属しております。

○本器は防雨性ですが、水に浸からないようレンガの上や木柱にかけて設置してください。

○人が見やすい位置に電気柵を使用している注意看板(本品にも付属されております)を設置してください。

○子どもが設置場所付近に近づかないよう、十分注意してください。


電気柵を設置するには

電気柵の設置には、本体(電源)セットと、電線セット(電柵ロープ・ガイシ・支柱・ゲートクリップ)が必要です。※支柱、ガイシ、ゲートクリップは他メーカー間の互換性はありませんので、ご注意ください。

本体

本体(電源)セット

電気ショックを送るための電源本体と、危険表示板、アース棒、高圧線、本体取付金具がセットになっています。(メーカにより付属品は異なります。)

部材セット

電線セット

電気ショックを伝えるためのロープ(電線)、ロープを張るための支柱、ガイシ、出入口に設置するゲートクリップをご使用の電気柵の長さに併せて組み合わせてください。セットでの販売もございます。

専業メーカーの電気柵による究極の防獣対策

本体

有効電柵距離は10km

最大電圧は約10,000Vと国産電気柵でできる最大電圧を出力します。蓄電エネルギーが最大クラスの機種です。防護線末端での出力電圧が高くなり、効果的に動物の侵入を防ぎます。有効距離は10kmと大規模な広さを守ります。

表面

使いやすさが抜群

操作がシンプルなので、運転の切り替えが簡単に行えます。バッテリー残量が少なくなってくると、電源ランプが点滅し、バッテリー充電時期時期をお知らせします。

夜間のみモード

稼働時間の設定も可能

周囲の明るさを感知して自動的に、『昼飲み』『夜のみ』稼働させることも可能です。切替スイッチによって設定できます(『連続』:昼夜連続で作動。『昼』:明るくなる昼間のみ作動。『夜』:暗くなる夜間のみ作動。)

動物別設置方法の例

猪対策

イノシシ対策(2段張り)

イノシシは鼻が非常に敏感なので、鼻の高さに柵線があたるよう設置します。※体にあたるようにしても効果は薄まります。
支柱(図中のFRPポール)は20〜30cm地中に打ち込みます。ポールの間隔の目安は200〜400cmです(地形によって調整します)。ガイシはポール1本あたり2個、20cm間隔にて取り付けます。50メートル間隔で接続線を結線します。

鹿対策

シカ対策(4段張り)

下段はくぐり抜けられない高さ、上段は飛び越えない高さに柵線を設置します。
支柱(図中のFRPポール)は20〜30cm地中に打ち込みます。
ポールの間隔の目安は300〜400cmです(地形によって調整します)。ガイシはポール1本あたり4個、30cm間隔にて取り付けます。50メートル間隔で接続線を結線します。

猿対策

サル対策(8段張り)

周りに高い木や電柱など、飛び込み出来ない位置に設置します。支柱(図中のFRPポール)は20〜30cm地中に打ち込みます。
ポールの間隔の目安は300〜400cmです(地形によって調整します)。ガイシはポール1本あたり8個、20cm間隔にて取り付けます。接続線は2本1組とし、50cm間隔で接続します(段違いで+、−につなぎます)。

商品ラインナップ

商品仕様

入力電源(DC) 12V(ACアダプター、自動車用バッテリー)
出力電圧(DC) 約10,000V
本体出力ランプ 高圧が出力されている時に点灯します。
本体外形寸法 巾205mm×奥行155mm×高さ310mm
本体重量 約3.2kg
付属品 本体、アース棒3連、本体取付金具、高圧線、危険表示板、保証書付取扱説明書、ハイパワーACアダプター、外部バッテリーコード、漏電遮断器

最近見た商品